【引越しに必要なこと】エアコンの取り外し作業を安全に進めよう

高所からでも安全に

工具

フロンガスも漏らさずに

エアコンは、扇風機や電気ストーブと異なり、自力では取り外しが難しい冷暖房機器です。なぜなら、通常は天井間際の壁あるいは天井の内部に設置されているため、取り外しが高所作業となるからです。脚立など足場がなければ危険が伴いますし、その上エアコンの重さは、比較的小型の室内機でも1台7〜10kgとなっています。室外機の場合は30kgほどあることが多いので、取り外しは力仕事となります。そのため多くの人が、エアコンの取り外しを業者に依頼しています。業者なら高所にあるエアコンでも安全に取り外すことができますし、もちろん重みで落下させて壊す心配もないのです。また業者による取り外し作業は、フロンガスが漏れないという点でも人気となっています。室内機と室外機とをつなぐパイプにはフロンガスが入っているのですが、業者は取り外しの際、まずはそれを室外機の方に完全に移動させます。そしてバルブをしっかりと閉めてからパイプを外すので、フロンガスが空気中に逃げていくことはありません。フロンガスが漏れると、次にそのエアコンを使う時に、効きが悪くなります。そのためフロンガスの補充や、最悪の場合はエアコンそのものの買い替えが必要となります。しかし業者に取り外しを依頼した場合は、フロンガスが残っているのですから、再度設置した後も、問題なく冷房運転や暖房運転ができます。修理や買い替えなどに余分な費用をかけずに済むので、その点からも業者による作業は評価されています。

Copyright© 2017 【引越しに必要なこと】エアコンの取り外し作業を安全に進めよう All Rights Reserved.